かつら・髪型でカバー

人毛と人工毛の比較

カツラにも人の毛を使ったものや、人工毛を使ったものが
あります。
日本人は欧米人の毛髪よりも、中国人など同じアジアの
毛髪がピッタリくるようですね。
より自然さを求めるなら髪質が同じ人種の方がなじみやすい
ということでしょう。

では人毛と人工毛のどちらがいいのでしょう。
それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。


かつらのお手入れ方法(乾かし方)

カツラの洗髪後のケア方法について解説したいと思います。
少しでも長持ちできるよう、洗った後のケアも丁寧に手を抜かず
行いたいものですね。

シャンプー・リンスの後に...
タオルを使ってカツラを包み、上から優しく叩く感じで水気を
取っていきます。
強く擦りすぎると、毛部分の傷みの原因になるので気をつけましょう。
ドライヤーは冷風を使って時間をかけながら乾かします。
カツラが人毛の場合は、タオルでベース部分の水分を取って
櫛で丁寧にといてあげます。
絶対にしてはいけない事は、水気を残してはいけないという事。
傷み、匂いなどの原因になります。



かつらのお手入れ方法(シャンプー)

カツラを良い状態でキープするためには、日頃からのメンテが
大切です。
今回は、かつらのシャンプーの仕方を紹介したいと思います。

・軽くブラッシング。
・毛先を丁寧に解かしつつぬるま湯に濡らす。
・大体38℃を目安にしましょう。
 熱いお湯は傷みの原因になります。
 人工毛の場合は水を使いましょう。
・シャンプーを湯に溶いてから丁寧に櫛でといていきましょう。
・絶対に毛髪は強く擦ったりしない事。



固定方法とベースについて(かつらの構造より)

最初に固定方法についてみてみましょう。
ここは大切な部分で、もしもずれ落ちたりする状態では
使えませんよね。
では順番に...

固定方法は4種類あります。

・専用ピンを使って自毛をピンで挟み固定する方法。
・頭部と直接両面テープを使って固定する方法。
・専用接着剤を使用して固定する方法。
 ※肌が弱い方には向きません※
・直接自毛にくくりつけて固定する方法。
 ※1ヶ月くらいしか持続性がなく、自毛も抜ける可能性※


カツラの種類について

カツラといっても色んな種類が使い道によって開発され続けています。
また、男性だけの...というイメージがありますが、実はそうではなく
女性用カツラの販売数も年々伸びているようです。

例えば、がん治療における抗がん剤治療では、副作用による抜け毛が
考えられます。



かつらを購入するときの流れ

カツラを購入する際の、一般的な流れとしては...

1.情報収集
2.メーカーに問い合わせ
3.カウンセリングに行く
4.メーカーとの商談

情報収集では、自分の希望と疑問点の洗い出し。
不安なままでは次のステップにはいけません。
商品の特徴やユーザの声も調べる必要があります。




Page: 1
TOPPAGE