トリコチロマニア:脱毛癖について

トリコチロマニアって知ってます?
では、脱毛癖は?
どちらも、あまり耳にしませんよね。
実は幼少期に多い脱毛症なんですが、一般的にはあまり知られて
いないようです。
ここでは、トリコチロマニア:脱毛癖について調べてみたいと
思います。

◆トリコチロマニア:脱毛癖の症状とは?◆
前頭部、側頭部、生え際など境界の比較的毛髪の短い部分などで、
主に手の届く部位であったり、その子の聞き手側に見られる場合
が多いといわれます。
どちらかというと毛髪の抜けた部分は円形というよりも、楕円形
に近く、円形脱毛症と間違えやすいので気をつけましょう。

◆トリコチロマニア:脱毛癖の原因◆
脱毛癖と"癖"が付いている様に、無意識のうちに自分で自分の
毛髪を引き抜いていたり、毛髪を痛めたりすることで発症します。
頭部だけでなく、まつ毛や眉毛も同様に無意識かで抜いたり、
痛めたりするうちに抜けていくというものです。

脱毛癖になりやすいタイプとしては、同様にチックの症状を持って
いるという点。
例えば、爪を噛んだり、指を吸ったりという癖を持っている子が
なりやすいようです。




◆トリコチロマニア:脱毛癖の対策◆
幼少期のよくある癖と割り切ればいいのですが、あまりに
抜け毛が酷くなると特に女の子の場合は心配ですよね。
きつく言うのではなく、「毛を抜いてるよ」と優しく指摘して
あげることで治る場合もあります。

ただ癖でも、どうしても治らないという事もあるでしょう。

その場合は専門医の診察を受けることも考えましょう。
酷い場合は心理カウンセリングや投薬の必要もあるかもしれません。

脱毛癖で脱毛部分が出来たとしても、親の判断で育毛剤などを
使っても意味がありません。
抜くという行為や、痛めるという行為をやめさせる事が大切。


関連記事

  1. 様々な脱毛症の原因と対策
  2. 脂漏性脱毛症の原因と症状、対策法について
  3. 円形脱毛症の基礎知識

TOPPAGE