フケは2種類ある!

「フケ」
聞いただけで、不潔!と思ってしまいますよね。

でも、
フケって何か役割があって、その役目を終えて出てくるのかな?
と思ったりしませんか?
「いや、汚いよ~」
というのが正直なところかもわかりませんが、そういわずにフケの
正体をみてみましょう。

簡単に言うと「垢」で、頭皮から出る老廃物です。

しかし、それは自然のものです。
新陳代謝により、古くなった角質が剥がれて乾いたものがフケです。
多すぎるのも考えものですが、これは正常な事なので、常に清潔に
することを心がけましょう。

ただ気をつけたいのが... そう、フケが出るか出ないか?ではなく、
量が問題。

では見てみましょう。



フケは大きく脂性と乾性に分かれます。

それぞれを解説すると、皮脂の過剰分泌で角質が剥がれ落ちたものが
脂性のフケ。
逆に皮脂が少ない状態により乾燥から出るフケが乾性フケと言います。

量が多い場合はどちらかが考えられますので、不安な方は専門家に
相談に行く事をお薦めします。


関連記事

  1. 秋に抜け毛が多いといわれる理由
  2. 毛髪の成分について
  3. 頭皮に皮脂は必要?不要?
  4. 毛髪の成長サイクル:~休止期・ヘアサイクル
  5. 毛髪の成長サイクル:成長期~退行期
  6. 毛髪の構造について

TOPPAGE