発毛・育毛のメカニズム

秋に抜け毛が多いといわれる理由

ペットで犬を飼っていると季節変わりに毛の生え変わりって
ありますが、人間にも毛が抜けやすい季節というのはあるので
しょうか。
また、季節との関係は?
よく言われているのが秋には抜け毛が目立つという説。

これには理由があります。
秋の一つ前は...夏。
夏と言えば発汗量が一番多くなる季節ですが、
ちょっとその仕組みを見てみましょう。

夏場の汗が皮脂に吸収されるのですが、この時に乾燥するために
水分が蒸発して塩分が残ってしまいます。
塩分は固形化しやすいために毛穴に詰まったものが、そのまま
固まってしまうわけです。
結果、栄養が行き届かなくなり次の季節である秋に毛が抜けやすく
なるというわけですね。

では、秋だけ気をつけなければいけないのでしょうか?


毛髪の成分について

これまでに毛髪の構造について触れてきました。
今回は、どんな成分によって毛髪が作られているのかを探って
みましょう。
ケラチンという成分を知ってますか?
これは毛髪の大部分を占めていますが、たんぱく質の一種で
水分が全体に占める割合は10%です。

そこで!
髪の毛が燃えた時に、独特の嫌な匂いが出ますよね。
あれも成分を理解すると納得できるのです。
システイン(=アミノ酸)という成分が、あの匂いの元になって
いるのですが...
たんぱく質は分解される事でアミノ酸になりますが、先ほど毛髪
の大部分を占める成分にケラチンがあるといいました。
このケラチンはシステインを多く含んでいるのです。
硫黄を含んでいるシステインが燃えるとこの匂いが出るのです。



フケは2種類ある!

「フケ」
聞いただけで、不潔!と思ってしまいますよね。

でも、
フケって何か役割があって、その役目を終えて出てくるのかな?
と思ったりしませんか?
「いや、汚いよ~」
というのが正直なところかもわかりませんが、そういわずにフケの
正体をみてみましょう。

簡単に言うと「垢」で、頭皮から出る老廃物です。

しかし、それは自然のものです。
新陳代謝により、古くなった角質が剥がれて乾いたものがフケです。
多すぎるのも考えものですが、これは正常な事なので、常に清潔に
することを心がけましょう。

ただ気をつけたいのが... そう、フケが出るか出ないか?ではなく、
量が問題。

では見てみましょう。


頭皮に皮脂は必要?不要?

頭皮の皮脂といえば...
毛髪に悪影響、頭皮に悪い、という印象がありますが、本当に
不要なのでしょうか?
今回は皮脂にクローズアップしてみました。

抜け毛や薄毛の原因の一つに皮脂が関係していますが、
皮脂が多い場合はどんな影響があるのでしょう。

◆皮脂の過剰分泌◆
頭皮がベタついているのに、綺麗に洗浄できていない場合は、皮脂
は汚れや不純物と交わって毛穴に詰まり、炎症を起こす原因に
なります。
また毛穴を塞ぐ事でヘアサイクルに乱れを生じます。

◆皮脂が少なすぎてカサカサ頭皮◆
頭皮の状態を理解せずに、刺激の強い成分配合のシャンプーで
ゴシゴシと洗うことで皮脂が必要以上になくなってしまうと...
更に補おうと皮脂の過剰分泌を起こしてしまいます。


毛髪の成長サイクル:~休止期・ヘアサイクル

【毛周期=ヘアサイクル】

◆休止期

毛母細胞の機能停止=休止期。
これは人間の命が終わるように、毛髪が寿命を終える時期。
機能低下により毛髪は衰え、下から新しく生えようとする毛髪
が準備し、その上に生えている古い毛髪は抜け落ちるという
わけです。
よく洗髪後に抜け毛が見られますが、多くの抜け毛はこのように
寿命を終えた毛髪です。
1日に50本、多いと100本くらい抜け落ちるといわれています。

「じゃぁ、薄毛やハゲは毛髪の寿命が短いから?」
いえ、違います。
ヘアサイクルが正常に機能せずに、元気であるはずの毛髪が
成長期~退行期の段階で抜け落ちる状態を言います。


毛髪の成長サイクル:成長期~退行期

人間に寿命があるように、毛髪にも寿命があります。
そして人間の成長と同じように毛髪にも成長サイクルが存在します。

ピンピンに元気な毛髪でも寿命を全うすると抜け落ちるわけですが、
抜け落ちて終わりというのではなく、その部分から新しい毛髪が
同じところに生え変わります。
この繰り返しを毛周期といい、いわゆるヘアサイクルと呼ばれます。

毛周期=ヘアサイクルは、
成長~退行~休止という順に進んでいきますが、2回に分けて解説
したいと思います。


毛髪の構造について

◆なぜ抜け毛対策に、髪の毛の基礎知識が必要なの?◆

髪のお手入れは、結果的に抜け毛対策に繋がります。
例えば、育毛剤などを購入する場合に、自分自身の頭皮や
髪の性質をわかっていなければいけません。
知らないまま?購入してしまう事で、ますます状態が悪く
なってしまうのは言うまでもありません。

ここは自分への投資という事で、基礎知識を叩き込みましょう!
結果、時間とお金の節約になるということですね。

では、少しずつ勉強していきましょう。

※毛髪の構造※

毛髪は、大きく分けると2つに大別できます。
ひとつは毛幹部といわれる頭皮表面から外に出ている部分。
もうひとつは毛根部といって頭皮内面から支えている部分。





Page: 1
TOPPAGE