毛髪と酒、紫外線との関係

毛髪の大敵として酒、紫外線などがありますが、ここでは
酒、紫外線が毛髪にどのように影響するのかを見てみたいと
思います。

その前に毛髪について。
毛髪が健康を保つためにはたんぱく質が欠かせません。
毛髪の栄養剤と考えた時に、この栄養剤を毛髪にまで届け
てあげることが大切です。
そのためには毛髪まで行き着くのに阻害要因があれば...
毛が育たないという事ですね。

その阻害になるものとしてあげられるものの中に、
「お酒」、「紫外線」があります。
ここでは毛髪にどう影響を与えているのかを調べてみました。

その影響とは...




~毛髪とお酒~
酒は百薬の長...というのは適度な酒量こその話です。
暴飲といわれるような酒量は、体にとって害があるだけ。
冒頭で毛髪に欠かせない栄養分としてたんぱく質と言い
ましたが、酒の暴飲による肝臓機能低下はたんぱく質生成
にも影響を与えます。
結果、毛髪に行かなければいけないたんぱく質が不足する
ということです。

~毛髪と紫外線~
過酸化物質を生成する手助けとなるのが紫外線。
過酸化物質とは、皮脂などの脂を参加させる事でおこる現象です。
頭皮の皮脂も酸化を起こす事で、毛根細胞を壊滅することになります。
たんぱく質を破壊される事で、毛髪の表面を守るキューティクルにも
影響を与え、直に紫外線の影響を受けやすくなります。



関連記事

  1. 運動で抜け毛対策万全!

TOPPAGE