薄毛・抜け毛で医師の診断を受ける判断は?

「脱毛って医師に見てもらうもの?」
初めての方は、そう思うのも仕方ないですよね。

例えば、
「円形脱毛かも」
「ここ最近で地肌がわかるほど薄くなっている」
「ある治療薬を服用してから抜け毛が多くなった」

最初は不安ですよね。
今ではインターネットで情報収集も簡単にはなっていますが、
もしかして病気かもしれません。

素人判断よりも専門家の診断が必要!

当サイトでは薄毛や抜け毛について詳細に解説してはいます
が、やはり状態によっては自己判断ではなく医師に見てもらう
ことが先決です。

病気として抜け毛、薄毛に関係するものがあるのですが、
それらについてみてみたいと思います。



抜け毛や薄毛に関係する病気で代表的なものが「甲状腺機能低下症」で
特長としては頭髪だけではなく、体毛全体が薄くなるという病気です。

次に栄養障害が原因となる病気。

亜鉛、鉄などが不足したり、たんぱく質が不足する事で、抜け毛や
薄毛になったります。

このように広範囲に渡り、色々な病気が考えられるので、自分ひとりで
悩むのではなく、専門家や医師の診断をまず受けるという事が大切です。


関連記事

  1. 植毛の技術について
  2. 抜け毛治療法:ハーグ療法について
  3. ステロイドによる副作用
  4. 抜け毛治療:東洋医学・漢方

TOPPAGE