育毛剤と発毛剤と養毛剤それぞれの違いとは?

育毛と発毛は違うというのはわかるのですが、育毛と養毛では
違いがはっきりしませんよね。
同じでは?と思ってしまうのもしかたありませんが、実際には
育毛剤、発毛剤、養毛剤とそれぞれに違いがあります。
 ・頭皮血行促進で毛髪成長 → 育毛剤
 ・毛髪保護による脱毛防止 → 養毛剤
 ・毛母細胞活性化、発毛促進→ 発毛剤
というような感じです。




育毛剤にも4種類に大別され、それぞれの効果をみてみると...
 ・毛根への栄養供給、頭皮血行促進で毛髪成長促進
 ・皮脂の過剰分泌抑制効果
 ・栄養補給による毛母細胞活性化
 ・男性ホルモン抑制で毛母細胞活性化
これらの効果を得るために、自分の頭皮状態や毛髪タイプによって
選択します。

発毛剤として一躍有名になったのは「リアップ」
毛の悩みを持っている男性なら9割方知っているのではないで
しょうか。
なぜこれだけの注目を浴びたのかと言うと...
有効成分ミノキシジルが毛包に直接作用する事で、細胞を活性化
させると同時にたんぱく質の合成促進、結果発毛へ導くという
発売当時では画期的な成分配合という事で、在庫切れになる
くらいの人気でした。
※有効成分のミノキシジル※
約30ヵ国で医薬品として販売され米国食品医薬品局(FDA)が承認した成分。