女性に多い原因と抜け毛の種類

薄毛、抜け毛といえば男性だけの悩みというイメージがありますが、
実は最近では女性層も年々増加傾向にあるようです。
ただ男性と女性とでは、男性の方が改善が難しいといわれています。
では、女性に多い原因にはどのようなものがあるのでしょう。

体質的には女性の方が男性よりもデリケートといわれていますが、
妊娠時には赤ちゃんに栄養を取られたり、ホルモンバランスが
崩れたりすることで様々な影響が出ます。

その一つに分娩後脱毛症というものがあります。
分娩後ということで産後に当たるわけですが、妊娠中から出産に
かけては、女性ホルモンバランスが正常な状態に戻ろうとする時期
で、毛髪サイクルが休止期になり抜け毛が多くなります。
長期の場合では1年くらい抜け毛が続くといわれていますが、
ストレスなどが加わったり、高齢出産だったりすると、更に長引い
たりと、改善が難しい場合もあります。



女性に多い症状といわれる"びまん性脱毛症"
これは毛髪が全体的に薄くなってしまうという症状で、分け目部分
に頭皮が目立つ状態になります。
アラフォー世代に多く、男性との違いとしては額の生え際が後退
するということはないようですね。
加齢、ストレス、食生活、などが原因とされています。

牽引性脱毛症
これは名称に牽引と入っているのを見ればわかるように、
ヘアスタイルでポニーテールなど束髪スタイル時に、強すぎる
くらいに引っ張る事が原因でなる脱毛症です。
しかし、心配は要りません。
普通の束髪スタイルをやめる事で、自然と戻ります。


関連記事

  1. 抜け毛の原因を考えてみよう
  2. 生活習慣の乱れが影響?

TOPPAGE