抜け毛の原因

女性に多い原因と抜け毛の種類

薄毛、抜け毛といえば男性だけの悩みというイメージがありますが、
実は最近では女性層も年々増加傾向にあるようです。
ただ男性と女性とでは、男性の方が改善が難しいといわれています。
では、女性に多い原因にはどのようなものがあるのでしょう。

体質的には女性の方が男性よりもデリケートといわれていますが、
妊娠時には赤ちゃんに栄養を取られたり、ホルモンバランスが
崩れたりすることで様々な影響が出ます。

その一つに分娩後脱毛症というものがあります。
分娩後ということで産後に当たるわけですが、妊娠中から出産に
かけては、女性ホルモンバランスが正常な状態に戻ろうとする時期
で、毛髪サイクルが休止期になり抜け毛が多くなります。
長期の場合では1年くらい抜け毛が続くといわれていますが、
ストレスなどが加わったり、高齢出産だったりすると、更に長引い
たりと、改善が難しい場合もあります。


抜け毛の原因を考えてみよう

抜け毛、脱毛症の原因とは何なのでしょうか?
一般には原因は次のように言われています。

皆さんが気になっている抜け毛、薄毛の原因にはどのようなものが
あるのでしょう。
一般的に考えられている原因について調べてみました。

順番に見てみましょう。


生活習慣の乱れが影響?

薄毛や抜け毛の原因には、生活習慣が大きく関わっているといっても
過言ではありません。
一般的に言われているのが...
ストレスや暴飲暴食、喫煙もそうですね!

ここでは毛髪に影響を与えるといわれる悪い生活習慣とは?について
取り上げてみました。


まず最初にストレス。

多少のストレスは問題ないのですが、蓄積する事で脱毛のキッカケに
なるといわれています。
流れを見てみると、

毎日の生活から身体的・精神的ストレスを感じる。
 ↓↓↓
自律神経のバランスが崩れる。
 ↓↓↓
血管が収縮することで栄養伝達、血行不良が起こる。
 ↓↓↓
結果、頭皮への栄養、血液の流れも悪くなり頭皮環境が悪化する。

次に代表的なものとして喫煙。
喫煙においては百害あって一利なしということで、今更...
という感じですが、取りあえず見てみましょう。

タバコに含まれているニコチンは抹消血管を収縮させ、血流低下
に繋がります。
結果、毛根周辺も血行障害になり弱くなります。
どちらにしてもニコチン、アルコールは摂取しすぎると体に
とっても毛髪、頭皮にとっても悪いという事ですね。


Page: 1
TOPPAGE