フケが出てきたら薄毛に要注意

最近フケが出てきたな~と思ったら、
もしかしたらそれは抜け毛や薄毛が始まる前触れかも知れません。

フケが出てかゆみも伴う場合は、薄毛への危険信号の可能性がありますよ。
そのままフケを放置していると、どんどん皮脂が毛穴に詰まって
髪が抜ける原因になってしまいます。

さて、フケには2種類あり、それは脂が含まれているようなしっとりしたフケと
乾いたフケです。

乾いたフケはそれほど気にしなくても大丈夫なのですが、
問題になるのは脂っぽいフケです。
皮脂に分泌異常が起こっている場合、脂っぽいフケが出てきます。



脂漏性皮膚炎は薄毛と関係があるのではないかと言われていますが、
もしもフケが脂っぽい時は関係がある可能性があります。

脂漏性皮膚炎になると女性でも前髪の生え際から髪が抜ける場合があり、
その後全体的に髪が薄くなったり後頭部にハゲができるなどのような状態に
なることもあるんだそうです。

『フケやかゆみは「そのうち治るだろう」などと軽く見てはいけません。』

<脂漏性皮膚炎>

皮脂の質的変化、ホルモンの代謝異常、ストレス、真菌(カビ)の感染症などが
原因で炎症を起こします。
頭皮など、比較的皮脂分泌量が多い箇所にみられます。

<フケ・かゆみの対策>

◎使用中のヘアケア製品の使用を一旦やめて様子をみましょう。

◎清潔にと思ってシャンプーをし過ぎると、抜け毛や薄毛の原因となって逆効果に。

◎はっきりとわかる湿疹が出ている場合は皮膚科で診断を受けましょう。

◎頭皮マッサージなどで頭皮の血行促進をするように心がけましょう。
 ヘッドスパなど、リラックス効果も兼ねていいかも知れませんね。
 普段から頭皮マッサージを行うようにすると、頭皮の血行がよくなり
 栄養分が隅々まで届くようになり、女性の悩みである抜け毛や薄毛に
 効果が出てくるかも知れません。

最近、女性でも年代を問わず薄毛の悩みを抱える人が多くなってきています。
フケやかゆみなど予兆サインは軽視せず、早い時期から頭皮ケアを心がけましょう。


関連記事

  1. 薄毛予防のために髪の老化防止を
  2. 髪についての基礎知識

TOPPAGE