抜け毛対策:食事編

栄養素・食材で生え際後退対策!

男性にとって"生え際の後退"は嫌ですよね。
女性よりも男性の方が生え際の後退が多いのには訳があります。
それは、男性ホルモンであるDHTが関わってます。
ということは...
生え際の後退対策としてDHT分泌を抑制すればいいのでは?と
いうことですよね。

実は発毛剤の中に、人工的にDHTを抑制する働きをもつ商品が
あります。
例えばプロペシアなどがそうですね。
ですので、プロペシアのようにDHT抑制を目的としている発毛剤
は生え際後退対策としての効果が大きいといわれています。

でも発毛剤に頼らずとも、ある食材からある栄養素を取る事で
DHTを抑制することが可能なのです。

その食材とは...



正しい食生活は抜け毛対策に!

皆さんは、抜け毛、薄毛が気になり始めたら...
育毛剤や育毛シャンプーで元に戻したい!と購入を考えがちですが、
あくまでもこれらのヘアケア製品は頭皮、毛髪環境を最善の状態に
戻したり、キープしたりするのが役割です。

ですので、普段の生活が乱れてしまうと?
まったく意味のないものになってしまうというわけです。

「抜けはじめてわかる、髪は長いお友達」というフレーズを知ってますか?
あるCMでのコピーですが、まさに!普段あるのが当たり前で、おかしいと
思ったときに慌て始めるわけです。
いつも毛髪を大切にしたいもの。

栄養分も体~毛髪と毛髪が後回しになっているので、体が休まっている夜中
にやっと毛母細胞などへ栄養が運ばれはじめます。

最後の最後に...というのは、ちょっと寂しいですが、例えば...



毛髪と血液との関係

毛髪を育てるのに大切な毛母細胞。
血管から流れてくる血液中に含まれる栄養素をここで受け取り、毛髪の
成長を促してくれます。

よくテレビでドロドロ血液やサラサラ血液という映像を見たことがあると
思いますが、毛髪、特に抜け毛対策にはサラサラ血液は必要な条件です。
ドロドロ血液だと、毛細血管の中で血液が白血球や赤血球が変化できない
ということと、流れることができません。
毛母細胞に栄養素が届かないということになります。

では、血液に及ぼす悪影響とサラサラにするための対策法について解説
したいと思います。



栄養素、食材について

ここでは抜け毛、薄毛対策という事で、育毛・発毛という観点から
必要不可欠といえる栄養素や食材を取り上げました。

主な栄養素に、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE
タンパク質、などが挙げられますが、順番にそれぞれ栄養素の必要性
・摂取しやすい食材について解説します。

~ビタミンA~
フケ症、乾燥肌という人は摂取しておきたい栄養素。
食材には...うなぎ、レバー、緑黄色野菜など。

~ビタミンB群~
B群としていますが、ビタミンBには2つ存在しています。
その2つとは、ビタミンB2とB6で、皮脂分泌の過剰分泌抑制効果に
新陳代謝促進効果、頭皮が炎症を起こしやすい場合や頭皮が脂性と
いう人にはお薦め。
食材には...B2に、卵、大豆、レバー、乳製品、緑黄色野菜など。
B6に、肉、レバー、バナナなどの他、まぐろ、いわし、さばなどの
魚類。

続いて、ビタミンC、E、そしてたんぱく質にいきましょう。




Page: 1
TOPPAGE