薄毛と冷房・紫外線の関係

紫外線を受けたりエアコンの中で長時間過ごしたりすると、
髪が乾燥するので要注意です。

春から夏にかけては、紫外線が増えてエアコンを使う時期なので、
髪にとって注意すべき期間となるのです。

暑くなると汗のせいで頭皮に皮脂が溜まりやすくなって髪へも悪影響を及ぼします。
紫外線は頭皮や髪にも良くないので、抜け毛や薄毛対策のためにケアが必要です。

特に気をつけたいのが海水浴場やプールで髪が濡れた時です。
水と紫外線が一緒になると影響が強くなるので、
紫外線は極力髪に直接当たらないようにしましょう。



毎日のお出かけ時にも、できれば帽子をかぶったり日傘をさしたり髪をまとめたり、
なるべく紫外線を浴びる面積が多くならないように気をつけましょう。


次にエアコンです。
エアコンをかけている部屋は思っている以上に乾燥した状態です。

お肌と同じように、どんどん髪の水分が失われていって、
その結果キューティクルが剥がれやることで枝毛や切れ毛の原因となってしまいます。

キューティクルは、熱や摩擦に弱く、紫外線を受けることで傷つきやすく
ダメージのある状態になってしまいます。
キューティクルは一度傷ついたり剥がれてしまうと元に戻るのが困難なので、
乾燥にはくれぐれも気をつけましょう。

次に挙げる3つは、美しく健康な髪を保っていくためにとても重要なことです。

  1.頭皮と髪を清潔に保つ
  2.髪に十分な水分と油分を
  3.毛根の新陳代謝UP

紫外線対策として、最近ではスプレータイプの髪用日焼け止めなどもあるので、
紫外線が強くなってきたらお肌と合わせて髪のケアも忘れずにしましょう。

朝シャンした時も、ちゃんと乾かさず髪に水分が残ったまま
外で紫外線をあびてはいけません。

トリートメント剤などを使ってヘアケアすることは大切ですが、
その前に髪にとって悪い影響を及ぼすような状態を作らないことが重要です。

春から夏のシーズンは、普段気をつけているお肌と同じ感覚で、
髪の紫外線対策や冷房対策も心がけていきましょう。

春や夏にしっかりケアが出来ていたかどうかで、
その後の髪の寿命が大幅に変わってきたりするので、
将来抜け毛や薄毛の悩みを抱えこまないように、
季節に合わせた髪のケアが必要ですね。