薄毛に関係の深いシャンプー

薄毛になる原因の1つとして挙げられるのが、
普段使用しているシャンプーということが結構多いんです。

どんなシャンプーを選ぶかは人によって違うと思いますが、
薄毛対策の為にも「自分の頭皮に合ったシャンプーかどうか?」を
再度見直すことが必要だと思います。

脱毛症など頭皮トラブルがあるのに、ずっと合わないシャンプー等を使っていると、
症状が悪化することは確実です。
それから、最近では若い女性が抜け毛や薄毛で悩んでいるという状況をご存知ですか?



◎絶対に使わない方がいいシャンプーがあります。

「ラウリル硫酸Na」と言う成分入りのシャンプーです。
このラウリル硫酸Naは、「表示指定成分(日本国内では肌に刺激を与える
可能性がある)」に指定されています。
それは、使った時にこれが原因で湿疹が出てしまうためです。

頭皮に湿疹が出るくらい刺激が強い成分ということになります。
当然、使用をすると女性の薄毛にも繋がるでしょう。

現在、国内産のシャンプーの中にはこのようなものはほとんど無いと
されていますが、購入する時には注意して成分をチェックし、
「ラウリル硫酸塩」「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸ナトリウム」などと
表示があった場合は絶対に買ったり使ったりしないようにして下さいね。

外国製のものは香料が強く可愛いボトルだったりと魅力的ですが、
国内産でない為に頭皮によくないこの成分が使われている可能性も疑われます。

頭皮や髪にとって良いのは、アミノ酸系のシャンプーです。

もしかしてあなたの生え際や頭頂部の髪に脱毛症が見られるのは、
もしかしたらシャンプーが原因かも知れません。

いつも使うものなので、なるべく頭皮や髪に良いものを使って
薄毛を改善するようにしましょう。