薄毛・抜け毛と出産の関係

出産をした女性は、ホルモンのバランスが崩れるために髪が抜けたり
薄毛になることが多いでしょう。

女性にとって髪はとても大切なものなので、
抜けてきた時の精神的ショックは大きいですよね。

入浴した時に排水溝を見ると、抜けた髪の毛で真っ黒になっていたと
嘆いている方もいるようです。
それに、薄毛は見た目にわかるものなので、
外出したり人に会うのがイヤになるかも知れません。

出産後の薄毛は、多くの女性にとってとても大きな悩みとなります。



女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。
妊娠中はプロゲステロンのみ働いているんだそうです。
出産後には、毛髪を発達させるエストロゲンが急激に増えて、
そのような状態に体がついていけなくなるんだそうです。

これがホルモンバランスが崩れて正常でない状態です。

普通なら、髪のサイクルによって妊娠中でも抜けているはずの髪の毛が抜けず、
出産してから2ヶ月~3ヶ月後ぐらいに急にまとまって抜けるのですから、
薄毛になったと強く感じてしまうのでしょう。

出産後の薄毛は、女性にとってどうしても仕方のないことなのですが、
この状態に更に悪影響を及ぼす原因がいくつかあります。

それは、「ストレス」「過度なダイエット」「骨盤の歪み」などです。

「育児をすることへの不安や夜泣きなどによる慢性的な睡眠不足」
「出産することによる骨盤の歪み」
「妊娠中に増加してしまった体重を元に戻す為のダイエット」

これらは全て、女性ホルモンであるエストロゲンの大幅減少に繋がってしまいます。
エストロゲンは、お肌の老化防止の為のコラーゲンを生成したり、
髪の毛を発達させる働きなど、女性にとってはとても大切な役割を担っているんですね。

でも、そんなに心配することはありません。
薄毛が気になるのは仕方のないことですが、
あまり神経質になってストレスを溜めないようにしましょう。

このような状況下での薄毛は一時的なものなので、
1年ほど経てば元通りになると言われています。
気分転換をしながら気長にどーんと構えていましょう。