薄毛の原因になる脂漏性脱毛

女性の薄毛にはいくつかの種類がありますが、
その中に脂漏性脱毛と言うものがあります。

脂漏性脱毛の原因は脂漏性皮膚炎なんですが、
その脂漏性皮膚炎とはどのようなものでしょうか?

<脂漏性皮膚炎とは?>

湿った脂性のフケが、髪の毛が生えようとしている毛穴に付着して
詰まらせてしまいます。

この毛穴が詰まった状態が長く続くと頭皮が炎症を起こします。
この炎症を起こした状態を脂漏性皮膚炎と言います。



脂漏性皮膚炎になる=代謝が低下するので、
女性の場合は一気に脱毛の症状が出てしまいます。

また、一度頭皮の皮脂についた埃や雑菌は、
脂なので簡単には取り除けなくなってしまいます。
雑菌はそれを利用して、皮脂により湿ったフケをエサに繁殖を繰り返します。
これが炎症を促すことになり、髪が抜けるのを増やす原因になっています。

症状としては、最初に頭皮が赤くなってかゆみが出てきます。
その次に脱毛が始まったら、それは脂漏性脱毛です。

どのように対策すればよいか?
それは、毎日きちんと正しいシャンプーをすることです。

シャンプーをする時は、爪を立ててゴシゴシせずに指の腹で優しく
頭皮マッサージをするような感じで行います。
また、食生活の上でもなるべく脂っこい物は避けるようにしましょう。

薄毛になる原因は人によって違います。
そして、それぞれのケースに合わせた対策法もいろいろあります。